岐阜で保険・おうち・家計・相続・資産運用のFP相談
岐阜で保険・おうち・家計・相続・資産運用のFP相談

0120-19-1148

営業時間 9:00~17:00(平日)

ファイナンシャルプランナーに相談

【岐阜 FP最新ニュース】富裕層は「価値が下がりそうなものは買わない」…庶民もマネできる資産運用の“考え方”とは?

【岐阜 FP最新ニュース】富裕層は「価値が下がりそうなものは買わない」…庶民もマネできる資産運用の“考え方”とは?

週刊ダイヤモンド』11月11日号の第1特集は「富裕層が明かす マル秘狙い目&穴場 運用術」です。今や投資サービスは広がりを見せ、決して日本株だけが主な運用先というわけではありません。本特集では、金利上昇の波に乗り、あなたの資産を肥やすべく、富裕層がこっそり教える“狙い目&穴場”の運用術を徹底指南。社債や米国債から、海外ユニコーン株、変わり種投資に至るまで、「攻め&守り」の両対応で少額でもまねできる、マル秘運用術の数々を総解説します。(ダイヤモンド編集部 竹田幸平

【この記事の画像を見る】

● 富裕層マインドの根底には 「投資的な思考」が根付いている

 「富裕層には、価値が下がりそうなものは買わない、という発想がベースにある」。ライフプランのFP相談サービス「マネーセージ」の佐藤健太執行役員はそう話す。

 同氏は仕事柄、いわゆる“お金持ち”の経営者などと接する機会を多く持つ中、資産を着実に積み上げる富裕層の間に、冒頭のような共通点を見いだしているという。

 言い換えれば、中古品として売りに出しても、購入時から価格が維持されやすかったり、むしろ値段が上がったりしそうなものを買おうとする発想が強い。

 物価高が続く中でも給与がさほど上がらず、一国の首相が「増税メガネ」と形容されるほど税負担へ不安が広がる日本では、「安いほど善」という価値観に縛られるのも無理はないかもしれない。だが、「安かろう悪かろう」に甘んじてしまっては、富裕層マインドには程遠いといえる。

 購入額が高価な不動産などでは、一般人も資産価値を意識するだろうが、富裕層はそうした考え方が、とにかく徹底しているのだ

 一方で佐藤氏は、一般の相談客から「資産を殖やそうにも、そのための“種(原資)”に乏しい」との悩みを聞くことも多いという。

 「そうはいっても、多くの人が車や腕時計を買って持っているはず」と同氏。いわく、富裕層にはこのような身近な買い物一つとっても、その資産性について吟味する習慣が根付いているのだ。

 だから使い捨ての日用品はともかく、さまざまなものの購入に際して、価値が維持/上がる可能性があるか見定めることが、“種”を築く一歩ではないかと指南する。要は、購入の意思決定に「投資の思考法」を交える、ともいえよう。

 本特集では、普段からそんな考えを突き詰める富裕層が、実際にどんな資産運用に取り組むのか、究明を試みた。すると運用先や手法は多岐に及び、各地を駆け巡る富裕層マネーの動乱が浮かび上がってきた。

(土)以下のリンク先にあります)

https://news.yahoo.co.jp/articles/d92ec2cb94e15f93039c06a6f57b2f3ca5940f73

PAGETOP