岐阜で保険・おうち・家計・相続・資産運用のFP相談
岐阜で保険・おうち・家計・相続・資産運用のFP相談

0120-19-1148

営業時間 9:00~17:00(平日)

ファイナンシャルプランナーに相談

【岐阜 FP最新ニュース】「イクメン」できて当たり前? 父親を襲う「三重苦」の正体(前編)

【岐阜 FP最新ニュース】「イクメン」できて当たり前? 父親を襲う「三重苦」の正体(前編)

育児・介護休業法の改正により、「男性版育休制度」が創設されるなど、男性の育児に関する環境は、近年大きく変化しています。現代では共働き世帯が70%近くになる中、男性育休取得率は13%にとどまっています。男性が育児をするには、様々な問題点が存在し、孤立する父親の中には「産後のうつ」を患う方もいるそうです。産婦人科医および産業医として多くの現場経験を持つ平野翔大先生をお招きし、今の時点で考えられる男性育児の問題点と解決策について伺いました。

<ポイント>

・「バリキャリ」の対義語は「イクメン」

・男性の「受援力」を高めるには?

・「育児を頑張らなくては」と思う父親の自殺率は2.5倍

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■どうして男性は育児に対して無知なのか?

倉重:初めて、医師の方にご登場いただきます。自己紹介をお願いできますか?

平野:産業医、産婦人科医の平野翔大と申します。2022年12月に一般社団法人Daddy Support協会を創設し、自治体や企業と連携しながら男性の育児支援の仕組みを作っています。また、コンサルタントとしてさまざまな企業のヘルスケア事業のサポートもしています。

倉重:今回は男性育児についてたくさん伺いたいと思います。

そもそも、どうしてお医者さんになろうと思ったのですか?

平野:医学部に行くと決めたのは、高校3年の秋でした。それまでは経済学部に行こうか、法学部に行こうか悩んでいたのです。「どんなことを将来やりたいか」と考えた時に、数学が好きだったので金融に進もうと思いました。ですが「人を直接相手にする仕事をしたい」と迷い始め、秋から志望を変えて、医学部に進みました。

教員の仕事にも興味がありましたが、「医者から教員にはなれても、教員から医者になるのは難しい」と思い、まずは医師免許を取ることにしました。

倉重:とても優秀なのですね。医師の領域の中でも産婦人科を選ばれた理由は何ですか?

平野:もともと社会学の分野に興味があったので、「社会学のベースとする科はどこか」という視点で選びました。候補は産婦人科と精神科の2つです。当時精神科にはあまり興味を持てなかった一方、女性のホルモン内分泌が面白かったので産婦人科に進みました。

倉重:平野さんは著書の『ポストイクメンの男性育児』で、男性育児問題にフォーカスされています。これは産婦人科として勤務した経験から書かれたのでしょうか。

平野:産婦人科医として現場でお産や手術に向き合っていた頃、妊婦さんと接する中で「日本の男性は妊娠・出産について知らなすぎる」と感じました。例えば、カフェの上司が「お腹が出ていないから大丈夫」と言って、妊婦に12kgの牛乳を運ばせて切迫早産になってしまったり、「妊娠40週0日に生まれる」と思って、妊娠後期の妻を置いて夫が出張に行ってしまったり。「知っていたらこんな事起きないのに。勉強して欲しいな」と思っていました。

倉重:どうしてこんなことが起こっているのでしょうか。

平野:基本的な知識がないということに尽きると思っています。性教育から始まり、社会的にもフォローされていません。女性は妊娠届が出た時から出産後までフォローされ続けます。男性は「両親教室」に参加していればいいほうで、基本的には子供が家に来るまでほぼノータッチです。

専門職とのつながりも、教育も支援もない状況で、生まれてから「はい、育児してね」と言われてもできるわけがありません。

母親も育児を一つひとつ覚えますが、40週のリードがあります。困ったら母親教室に行ったり病院で相談したりできます。社会的支援を含めて専門的支援があるわけです。そこから知識を蓄えている母親と、何も情報がないところから赤ちゃんがやってきて「育児してください」と言われるのとでは全然違います。

母親から夫を見ると、「何でこんなことも知らないで育児しているの」という気持ちになるのは仕方ないと思います。

倉重:問題を社会学的に考えると、元々は男性が中心になって働き、女性が専業主婦として支えるシステムがうまくいっていたということですよね。

(本文の続きは、以下のリンク先にあります)

https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/64cd95397e76b62620e54208f5e6d5ecb3701f2b

PAGETOP