岐阜で保険・おうち・家計・相続・資産運用のFP相談
岐阜で保険・おうち・家計・相続・資産運用のFP相談

0120-19-1148

営業時間 9:00~17:00(平日)

ファイナンシャルプランナーに相談

【岐阜 FP最新ニュース】ガソリンは「税金に税金がかかってる」って本当? 二重課税分は1リットル当たり5.66円!

【岐阜 FP最新ニュース】ガソリンは「税金に税金がかかってる」って本当? 二重課税分は1リットル当たり5.66円

ガソリン価格の高騰に対して、政府は補助金の支給を年末まで延長する方針を公表しています。10月にはレギュラーガソリンの価格は1リットル当たり175円程度まで引き下げられるとのことで、国民の負担は今より軽減されるでしょう。

ただ、ガソリン価格は元々税金が約4割を占めているということを知っていますか? 消費税にいたっては、税金に税金がかかる二重課税が起こっているのです。

本記事では、ガソリンにかかっている税金について解説します。

2023年9月4日時点のガソリン価格は186.5円
経済産業省資源エネルギー庁が発表している調査結果によると、2023年9月4日時点におけるレギュラーガソリンの店頭現金小売価格は、1リットル当たり186.5円(税込)となっています。

車で10km程度走るだけで186円を消費していると考えると、家計への影響を痛感しますね。

ガソリン価格の約4割は税金
ガソリンスタンドでガソリン代を支払うとき、ガソリン本体代と消費税を支払っていると思っていませんか? 実はガソリン代の約4割は消費税を含む税金なのです。

ガソリンにかかっている税金は以下の4つです。

・ガソリン税(揮発油税)…53.8円
・石油石炭税…2.04円
・地球温暖化対策税…0.76円
・消費税…(ガソリン本体価格+上記3つの税金)×10%

2023年9月4日時点でのガソリン価格186.5円中、ガソリン本体代は112.9円で、残りの73.6円は税金なのです。しかも消費税に関しては、ガソリン税、石油石炭税、地球温暖化対策税にもかかっているので、5.66円は二重課税分となります。

50リットル給油した場合の支払額は9325円ですが、そのうち税金は3680円、二重課税分は283円となります。

■ガソリン税・石油石炭税・地球温暖化対策税とは
ガソリン税とは、ガソリンの製造所からガソリンを出荷した際にかかる税金で、消費者が支払ったガソリン税を石油会社が納める間接税です。ガソリン税は主に道路整備のために使われています。

石油石炭税は、原油や輸入石油製品などに対してかかる税金で、石油の消費者に広く負担を求めるために創設されました。

地球温暖化対策税とは、名称のとおり地球温暖化対策を強化するための財源であり、ガソリンなどに対してCO2排出量に応じた税率が決められています。

(本文の続きは、以下のリンク先にあります)

https://news.yahoo.co.jp/articles/489724898c9d835a8dbf500aec4d524984bbc71a

PAGETOP